薬剤師求人、薬剤師市場はどうなっているの?

現在の薬剤師の求人では、調剤薬局とドラッグストアが活発になっているようです。ただし、都内など人気のあるエリアでは、飽和状態になり求人数が少なくなっている一方で、地方では人材が不足しているため、どんどん新しい求人が出されているようです。

「都会の求人は少ないのか…。」と残念に思う人もいるかもしれませんが、これはある意味チャンスでもあります。
管理薬剤師の業務の実際と兼務は可能かどうか?

活発に求人が出されているということは、求人側は他の求人がライバルということです。誰でも同じような求人が出ていたら、条件の良い方を選びますよね?だから、少しでもライバルよりも良い条件を出そうとしているので、活発に求人が出されるのは、良い職場へ転職するチャンスでもあるのです。

また、常勤ではなくパートやアルバイトでも薬剤師が募集されています。一般的なアルバイトですと時給800~1200円くらいだと思いますが、薬剤師の場合は時給1800~2500円くらいと、国家資格を取得している分高く設定されています。

そして、調剤薬局やドラッグストアで活発な求人募集がされているということは、キャリアアップや、ブランク解消のチャンスでもあるのです。「経験を積まないといけないのに、経験を積む場所がない。」「ブランクがあるので復職しずらい。」という人でも受け入れてもらえると思います!

また、調剤薬局やドラッグストアに限らず、どの企業でも採用活動が最も活発に行われるのが「冬のボーナスが支給される時期」から「3月末」くらいです。この時期は転職や離職を考える人が多くなり、人員が足りなくなるので募集が多くなります。

なので、普段募集しないようなところから求人が出ていることもあります。 しかし、いくら採用数が多くなっているからといっても、その分ライバルの数も多くなります。

良い求人に巡り会える可能性が高いのはこの時期ですが、どの時期に転職しようともライバルに勝たないといけないというわけです。なので、この時期に備えて入念に準備しておくことが大切でしょう。ただ、全国的にみると薬剤師の人材は不足しています。

薬剤師の過剰時代が来るかもしれないと言われていますが、そこで人材不足が解消されるかは定かではありません。しかし、過剰時代が来ないとも言いがたいので、復職やスキルアップのために転職するなら今が一番のチャンスでしょう。

メニュー

ページの先頭へ